[速報] 新日本プロレス 1.3 大プロレス祭り 岡倫之&北村克哉入団会見、ライオンズゲート、後藤&内藤劇場、他

2016年1月3日(日)東京・ディファ有明「大プロレス祭り2016」で行われた記者会見の速報です。


青空プロレスNEWS 2016.1.3
1.3 大プロレス祭り2016

12:00頃〜:オープニング&プ女子トークショー
※はじまりました!
GrandPWFes_01

※プ女子トークショー
・元井美貴 (天気予報士/サムライTVキャスター)
GrandPWFes_05
・三森すずこ (声優/好きなレスラーは矢野通)
GrandPWFes_04
・内田眞由美 (元AKB48/大久保で焼肉”IWA”を経営)
GrandPWFes_03
・籠谷さくら (X21/趣味は絵を描くこと)
GrandPWFes_02



13:00頃〜:記者会見 その1
・岡倫之選手、北村克哉選手の新日本プロレス入団会見
・2人は1月3日付で新日本プロレスに入団
※立会人として永田さんが登場!
GrandPWFes_06
永田「レスリングの全日本チャンピオンが新日本プロレスに入団するのは約20年ぶり、1996年の藤田和之が入門して以来。新日本プロレスもやっとそういう選手を受け入れる体制が整った」

※岡倫之(1991年6月12日生まれ:24歳/身長184cm)
GrandPWFes_07
Q:10種競技のチャンピオンになるまではプロにならないと考えてた?
岡「自分の中で課題として、それをとらなければこのリングには立てない、なのでそういう気持ちで必死にやってきました」
Q:プロレスラーになりたいと思ったのは?
岡「入門テスト終わって2ヶ月後2014年1月には、ブシロードに入る前からやろうと決めてました。入門テストを受けるまではプロレスの事を知らなかった。」
Q:将来の目標選手は?
岡「誰よりも強い選手です」

※北村克哉(1985年12月14日生まれ:30歳/身長182cm)
GrandPWFes_08
GrandPWFes_15
・2005年全日本学生選手権フリースタイル120kg級優勝
・2006年全日本選抜フリースタイル120kg級優勝
・2006年レスリング世界選手権に日本代表として出場
・その後グレコローマンスタイルに転向し2008〜2011年まで日本国内日本国内負け無し、世界選手権にも3回出場
・その後しばらく格闘技から遠ざかる、2015年に巌流島に出場しボロドバートルから一本勝ちをおさめている。

Q:プロレスラーを目指したのはいつ?
北村「大学が専修大学で監督が馳浩さんで、その時に1.4東京ドームを見て在学中に意識していた」
Q:プロレスのどこに惹かれた?
北村「やっぱり大きくて強い、そう言った選手の個性やキャラクター、肉弾戦が格好良いとおもって惹かれた」
Q:将来の目標選手は?
北村「まだ分からないですけど、でかくて強くて人気のある選手になりたい」



※ライオンズゲート
GrandPWFes_10
・プロレス界の若手育成プロジェクト
・団体の枠を超えて、若手選手が挑戦できる環境を提供
・第1回大会は2月25日(木)新宿FACE、出場予定選手は川人拓来&金光輝明他、他団体の選手も参戦予定!


【1.4東京ドーム記者会見】
・内藤哲也 & 後藤洋央紀
GrandPWFes_11
GrandPWFes_12
内藤「いよいよ明日に迫った東京ドーム大会、おい後藤、一体いつになったらキャプテン・クワナのマスクを持ってくるんだよ?100%の後藤、すなわちキャプテン・クワナと対戦したいんだよ!みんな見たいんだよ!明日は手抜きですか?」
※キャプテンをバカにされ後藤は怒って内藤の胸ぐらをつかむ!
後藤「まずねキャプテンをバカにしすぎ、明日キャプテン俺のセコンドに付いてもらう。3人まとめて叩き潰す!以上です。」


・石井智宏 & 柴田勝頼
GrandPWFes_13
柴田「あけましておめでとうございます。ここにきて特に言いたいことはないんですけど、明日命を削って寿命を縮める覚悟はできている。以上!」
石井「明日はシバイてシバきあって、最後はシバき倒します!」


・オカダ・カズチカ & 棚橋弘至
GrandPWFes_14
棚橋「東京ドームに向けた過去最高の状態に仕上げてきました。明日は勝って花道を一人で帰ります。そして最高の花道の景色を見ます。」
オカダ「明日はしっかりドームに初めてのカネの雨を降らせます。そして2016年僕のやり方で新日本プロレスをさらに上に持って行きます!」

ーーーーーーーーーー

※参考:1.4東京ドーム会見その2

(情報:新日本プロレス)