[新日本プロレス] 9.7後楽園ホール大会で何が起こった?、鈴木みのるがランバージャックマッチを提案、レオ・トンガのデビュー戦、裕二郎のこれマジ

鈴木みのる

9月7日後楽園ホールで行われたRoad to ディストラクションで何が起こった?


新日本プロレス 2017.9.7
9.7後楽園ホール大会で何が起こった?

9月7日(木)東京・後楽園ホールで行われたRoad to ディストラクション。同シリーズは5日(火)名古屋大会からスタートしていますが、放送は今大会からとなります。
第4試合では後藤&YOSHI-HASHI&バレッタ vs. ファレ&高橋裕二郎&オーエンズの6人タッグマッチが行われました。名古屋大会の試合後のコメントで、ヘビー級に転向したバレッタに “俺は認めねぇ” 発言をしていた裕二郎、試合はバレッタのドュードバスターを抜け出した裕二郎がピンプジュースを決めて3カウントを奪いました。そして試合後マイクを取った裕二郎は倒れているバレッタに向けて “お前がヘビー級?新日本プロレスのヘビー級を舐めんなよ、これマジ!” と言い放つ。裕二郎のこれマジが久しぶりに炸裂しました。

9月16日(土)広島大会で行われる六本木バイス・ファイナルマッチでは、ロメロ&バレッタの六本木バイスは、裕二郎&オーエンズ組と対戦する事になっています。バレッタはヘビー級となってまだ新日本プロレスではシングルマッチが組まれていないが、2人の抗争は始まるのか?


続く第5試合では、当初出場が予定されていたケニー・オメガが左ヒザの外側半月板損傷により欠場する事となり、ケニーの代打で練習生でタマ&タンガの弟のレオ・トンガがバレットクラブの新メンバーとして出場することに。
この日が新日本プロレスでのデビュー戦となるレオ・トンガ、203cmという大きさだけでなく、ハンソンを持ち上げるパワーも併せ持つようです。しかし試合はレオがジュースにパルプフリクションを決められてしまい、3カウントを奪われる事になってしまいました。



第6試合は、9月10日(日)広島大会で行われる鈴木みのるvs.マイケル・エルガンのNEVER王座の前哨戦となる本隊vs.鈴木軍の6人タッグマッチ。
試合は鈴木軍のセコンドのタイチと金丸が介入する荒れ模様となり、レフェリーを場外に引きずりおろすと鈴木がエルガンにパイプ椅子攻撃。すると怒ったエルガンがパイプ椅子を奪って鈴木軍を滅多打ちに。そこにレフェリーがリングに戻るが、エルガンの怒りは収まらずにレフェリーの目の前で鈴木をパイプ椅子で殴ってしまう。
これで反則負けとなったエルガン、そして試合後鈴木はマイクを取ってエルガンにNEVER王座戦をランバージャックマッチに変更する事を提案、エルガンも受諾したのであとは新日本プロレスからの発表待ちとなるもよう。




※参考:9.7後楽園ホール Road to ディストラクション 試合結果


(情報:新日本プロレス)