[新日本プロレス] 1.4東京ドームで何が起こった?:後編、ケニーに敗れたジェリコはスグ帰っちゃう?、ダリルJr.登場、ケニー”俺が新日本を世界規模の団体に”、オカダが新コスチューム、他

1月4日に行われた1.4東京ドーム大会で、一体何が起こったのか? その後編です。


新日本プロレス 2018.1.4
1.4東京ドームで何が起こった?:後編

※1.4東京ドームで何が起こった?:前半の続きです。第6試合から。

2018年1月4日(木)に行われた新日本プロレス レッスルキングダム12 in 東京ドーム。第6試合は、IWGP Jr.ヘビー級王者マーティ・スカルにKUSHIDA、高橋ヒロム、ウィル・オスプレイの3人が挑戦するフェイタル4WAY戦。この日ヒロムはダリルの息子、ダリルJr.を持って登場。しかしダリルJr.はスグに武者修行に出てしまうとのこと。

試合は序盤こそスカルが場外から展開を見守っていたが、すぐに4人入り乱れての攻防となる。スカルはヒロムの手を鉄柵にテーピングで巻き付けたり、パウダーをKUSHIDAにかけたり、オスプレイと協力してヒロムを攻撃したりと、予測不可能な行動に出る。しかしレフェリーを場外に落として傘攻撃に出ると、オスプレイによけられてオスカッターを決められて敗れてしまう。
昨年11月5日(日)大阪でスカルにベルトを奪われていたオスプレイだが、すぐに取り戻すことに成功した。

第7試合は、IC王者棚橋弘至にスイッチブレード化したジェイ・ホワイトが挑戦。棚橋の痛めているヒザに集中攻撃をするホワイト。しかし棚橋も得意のヒザ攻撃で反撃すると、粘るホワイトに後ろから前からハイフライフローを決めて勝利する。

第8試合は、IWGP USヘビー級王者のケニー・オメガにクリス・ジェリコが挑戦。この試合は反則無しのノーDQ戦で行われた事で、ジェリコはパイプ椅子やテーブルを持ち出して試合を優勢に進める。しかしケニーもコールドスプレー噴射で反撃。しかしジェリコは執拗にパイプ椅子攻撃、だがトップロープに登るとケニーのVトリガーで場外に落ちてしまう。そしてテーブルの上にジェリコが落ちると、テーブルは真っ二つに。


その後ジェリコはウォールズ・オブ・ジェリコからライオンテイマー、ケニーは片翼の天使を決めるがお互いロープに何とか逃げる。ジェリコはコードブレイカーを決めるが、今度はケニーがパイプ椅子で反撃すると、最後はパイプ椅子の上で片翼の天使を決めてケニーが勝利する。
試合後のインタビューでは、ケニーは俺に任せてくれ。新日本プロレスをさらに大きく世界規模にする、ナンバーワンにする。そこに連れて行ってあげようとコメント。一方ジェリコは、明日日本を発って、もう戻ってこないぞとコメント。1.5後楽園ホールは出ないのかな?

そしてメインイベントとなる第9試合は、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに内藤哲也が挑戦。この日オカダは新コスチューム。そして34分26秒の死闘となったが、内藤哲也の旋回式デスティーノを乗り越えたオカダがスクリュー・ツームストンパイルドライバーを決めて逆転、最後はレインメーカーでトドメを刺した。これで9度目の防衛に成功したオカダは、試合後マイクを取って内藤に東京ドームのメインイベントでもう1回やろうぜ!と言う。


今回の1.4東京ドームは、前売りチケットの売れ行きが好調だったが、最終的に観客動員数は34,995人で、昨年の1.4東京ドームより33%アップの8,803人増となりました。

※:前編はこちら


※参考:1.4レッスルキングダム12 東京ドームの試合結果

※参考:今年のG1クライマックス28は日本武道館3連戦


(情報:新日本プロレス)