[新日本プロレス・速報] 8.8横浜 G1クライマックス28 試合結果:Bブロック8回戦、内藤哲也vs.SANADA、ケニー・オメガvs.矢野通、タマ・トンガ、他

2018年8月8日(水)神奈川・横浜文化体育館「G1 CLIMAX 28 Bブロック8回戦」の試合結果です。


青空プロレスNEWS 2018.8.8
G1 Bブロック8回戦 試合結果

全試合終了!

▼第2試合までサービス配信してます!



第1試合 タッグマッチ
真壁刀義&トーア・ヘナーレ
vs.
マイケル・エルガン&海野翔太
※ヘナーレが海野にトーアボトムを決めて3カウント!
勝者:ヘナーレ&真壁

ーーーーーーーーーー

第2試合 タッグマッチ
YOSHI-HASHI&SHO
vs.
ハングマン・ペイジ&チェーズ・オーエンズ
※ハングマンがチェーズとの上手い連携でSHOにライト・オブ・パッセージを決めて3カウント!
勝者:ハングマン

ーーーーーーーーーー

第3試合 タッグマッチ
バッドラック・ファレ&タンガ・ロア
vs.
鈴木みのる&エル・デスペラード
※タンガがデスペにエイプシットを決めて3カウント!
勝者:タンガ&ファ

ーーーーーーーーーー

第4試合 タッグマッチ
ジェイ・ホワイト&YOH
vs.
イービル&BUSHI
※BUSHIがYOHにエムエックスを決めて3カウント!
勝者:BUSHI&イービル

ーーーーーーーーーー

第5試合 タッグマッチ
棚橋弘至&デビッド・フィンレー
vs.
オカダ・カズチカ&外道
※フィンレーが外道にプリマノクタを決めて3カウント!
勝者:フィンレー&棚橋
※試合後、棚橋がオカダにエルボー!そして2人のアピール対決!

ーーーーーーーーーー

第6試合 G1 Bブロック8回戦
ジュース・ロビンソン(2勝5敗) vs. 石井智宏(3勝4敗)


※石井が垂直落下式ブレーンバスターを決めて3カウント!
勝者:石井智宏
※石井が勝点2をゲット、4勝4敗に!
※ジュースは2勝6敗
※石井は今回のG1でIWGPヘビー王者、NEVER王者、そしてUS王者に勝利!どれに挑戦するのかな?

ーーーーーーーーーー

第7試合 G1 Bブロック8回戦
後藤洋央紀(3勝4敗) vs. ザック・セイバーJr.(4勝3敗)


※後藤のGTRを抜け出したザックがヨーロピアンクラッチを決めて3カウント!
勝者:ザック・セイバーJr.
※ザックが勝点2をゲット、5勝3敗に!
※後藤は3勝5敗
※ザックもUS王者とNEVER王者に勝利!どっちに挑戦するのかな?

ーーーーーーーーーー

第8試合 G1 Bブロック8回戦
飯伏幸太(5勝2敗) vs. タマ・トンガ(2勝5敗)
※不適切発言で怒られたタマ、今日は1人で登場!でも飯伏が登場すると、背後から襲ってしまう!

※飯伏を場外に連れて行くタマ、しかし反撃されてしまう!これが然るべき処置なのか!?


※カミゴェを狙う飯伏、しかしタンガが飯伏の足を掴んで邪魔をする!その後バッドラック・ファレも現れると、ケニーが救出に現れる!

※そして飯伏がカミゴェを狙うが、よけたタマはカウンターのガンスタンを決めて3カウント!
勝者:タマ・トンガ
※タマが勝点2をゲット、3勝5敗に!
※飯伏は5勝3敗
※試合後タンガがケニーにパワーボム、動けないケニーはそのまま第9試合へ!

ーーーーーーーーーー

第9試合 G1 Bブロック8回戦
矢野通(1勝6敗) vs. ケニー・オメガ(6勝1敗)
※矢野はゴングとともにケニーをフォールするがカウント2!


※矢野はコーナーマットを剥いでケニー・オメガをむき出しのターンバックルに叩き付けようとするが、チェーズが身を挺してケニーを守る!

※矢野がレフェリーとケニーにローブロー、そしてケニーに悪質タックルを決めるが、そこにタマ達が現れて矢野にガンスタン、そして矢野を悪質タックルで倒れているケニーの上にかぶせるとそのまま3カウント!

勝者:矢野通
※矢野が勝点2をゲット、2勝6敗に!
※ケニーは6勝2敗

ーーーーーーーーーー

第10試合 G1 Bブロック8回戦
内藤哲也(5勝2敗) vs. SANADA(4勝3敗)
※SANADAがデスティーノ!


※最後は本家デスティーノが決まってを決めて3カウント!

勝者:内藤哲也
※内藤が勝点2をゲット、6勝2敗に!
※SANADAは4勝4敗
※試合後L・I・Jメンバーが現れる、イービルは首の怪我で欠場中の高橋ヒロムのジャケットを持って登場!



G1クライマックス28:勝点&勝敗
(※8月8日終了時点の結果)
Aブロック
14点棚橋弘至(7勝1敗)
12点ジェイ・ホワイト(6勝2敗)
12点オカダ・カズチカ(6勝2敗)
8点イービル(4勝4敗)
8点鈴木みのる(4勝4敗)
6点バッドラック・ファレ(3勝5敗)
6点マイケル・エルガン(3勝5敗)
6点ハングマン・ペイジ(3勝5敗)
4点真壁刀義(2勝6敗)
4点YOSHI-HASHI(2勝6敗)

Bブロック
12点ケニー・オメガ(6勝2敗)
12点内藤哲也(6勝2敗)
10点飯伏幸太(5勝3敗)
10点ザック・セイバーJr.(5勝3敗)
8点SANADA(4勝4敗)
8点石井智宏(4勝4敗)
6点後藤洋央紀(3勝5敗)
6点タマ・トンガ(3勝5敗)
4点ジュース・ロビンソン(2勝6敗)
4点矢野通(2勝6敗)

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:4,952人(札止め)

ーーーーーーーーーー

※次回は8月10日(金)日本武道館大会 G1 Aブロック最終戦!18:30〜

※参考:8.5大阪 G1 Aブロック8回戦 試合結果


(情報:新日本プロレス)